里山アート紀行

0
    JUGEMテーマ:日記・一般



    今年で4回目となった地元芸術家さんとお茶農家コラボレーションのイベント里山アート紀行。
    当園屋敷には志戸呂焼の丸山さんの焼物が並びました。
    住んでいる私たちには分かりませんが古民家もなかなか焼物と合って風情があるみたいです。
    来年も11月に開催すると思いますのでぜひお立ち寄りください。
    >>里山アート紀行HP

    溢れそう

    0
      JUGEMテーマ:日記・一般


      台風が近くを通り過ぎようかというときに数人から電話が・・。
      近くの菊川が氾濫しそうという電話でした。
      この川は上流3km程度しかありません。でもこの水位、豪雨の恐ろしさを体験しました。
      川の上の茶園が気になりますが、下流の住宅近くで溢れる寸前だというので、消防団で土のう積みです。
      被害がなかったのが幸いです。

      八十八夜

      0

        立春から数えて八十八日目。この日に摘んだお茶は上等なものとされ、この日にお茶を飲むと長生きすると言われています。太陽に向かってい伸びていこうとするこの萌黄色の葉っぱ、まさに癒しの色ですね。

        毛茸(もうじ)

        0


          今年のお茶は精揉機(形を整えるところ)にかけていると、やけにほこりがでるなぁと思って見ると、毛茸と呼ばれるものでした。
          これは最上級茶を淹れると茶碗にほこりのようなものが浮かぶときがあり、新芽の芯に生えている産毛みたいなものです。
          今年のお茶は芯が強く例年になく良いお茶ができている証なのです。

          一番茶スタート

          0

            今年もずいぶんと遅くなりましたが、一番茶摘採スタートです。
            寒い日が多く芽伸びがゆっくりでした。
            茶園は一面萌黄色が出揃っていてきれいです。

            萌え黄色

            0





              4月12日から22日までの画像。
              今年もやっと新茶の時期到来です。
              3、4月と寒い日が多かったのでずいぶんとゆっくりとした芽伸びでしたが、あと1週間くらいで摘み取りです。

              イベント

              0



                匠の宿にてお茶の販売。みなさん深むし茶にすごく興味を持っていただいて有難い限りです。まさにためしてガッテン効果ですね。
                当初から嫁がやる気満々で、準備からすべて任せていましたが、テキパキと頼もしい限りでした。
                こういうところに来るといろいろな出会いがあり、来て良かったと思います。

                草を敷く

                0


                  敷き草。一見らくな作業に見えるけど地味で地道な作業です。
                  草を刈って、束ねて、運んで、細かく切って、運んで、茶園に入れるという手間のかかる作業。
                  草を刈るのをやめるのは簡単だけど、やめるとそこは良い草を取ることができなくなる。代々受け継がれてきた草刈場は、最近貴重な植物が残っていると研究されています。
                  大変だけれども良い土作りのためにも続けていきたいものです。

                  半醗酵茶

                  0


                    紅茶を作り始めて6年目、今度はその経験を生かして半発酵のお茶にチャレンジしてみました。テラダ製作所さんと深津先生の協力を得て緑茶でも紅茶でもない、分類でいうと青茶というお茶を作りました。
                    今まで経験したことのない釜炒りという行程がまた繊細で深津先生に指導していただいてとても助かりました。
                    べにふうき品種で作ったのですがこの香りはフルーティーな清々しさで、作った自分がいうのもなんですがやみつきになりました。

                    できたお茶はこちらです。べにふうき包種茶

                    枝ばっかり

                    0


                      今年の夏は稀にみる異常気象。一部の茶園ではシャクトリという葉っぱをのきなみ食べて枝ばかりにしてしまう虫が大発生。本来この時期に発生も珍しく広範囲に広がるのも珍しい害虫。
                      以前、茶業研究所の方が温暖化が進むと害虫の発生が多くなり、害虫の種類も多くなると発表していたが、ひょっとしてこれがそうなのかと思ってしまった。


                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << November 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM