成長

0



    今年定植した樹です。
    ずいぶんと大きく成長してうれしい限りです。
    が、よく見ると土が荒らされてるのが分かると思いますが、ぜんぶ巷でうわさのイノシシくんのおかげです。
    どうしようもないのでそのままです。本当に樹に被害がないのだけが救いです。

    上の写真はやぶきた、下はべにふうき。条件は違いますが品種によってこんなに成長仕方が違うんですよ。おもしろいですね。

    全国おちゃまつり

    0



      今日は全国おちゃまつり静岡大会へ行ってきました。
      金谷茶振興会としてブースを用意していただいたので、農業青年研究会の各メンバーがお茶を用意しました。
      お茶の試飲コーナーはなかなか評判もよく、お客さんと会話ができていろいろと勉強になりました。

      開会式ではテレビに映ることを意識して県知事の後ろにいたんですが、新聞に小さく載っただけでした。かなりミーハーメンバーです。でも研究会として記事にしていただけて活動が評価されたのは幸いでした。

      秋冬番茶

      0


        今日から秋冬番茶。
        秋番茶は製品よりも摘採位置が大事です。位置は各農家が一番茶の品質や収量など樹の状態を見ながら決めます。
        チラッとみただけでは同じように見えても、よく見ると各農家の特徴がでるところ。

        ちなみに今年の全国茶品評会は深蒸し煎茶の部で2等17位という結果になりました。前にも書いたんですがいつもより出品点数が多くレベルの高い品評会となりました。

        カルチ

        0



          今日はF1のテーマを思い出しながらカルチのピットイン。
          使っていると鍬が磨り減って短くなってしまうので交換しました。
          比べてみるとこんなに違っている。気付かないうちにこんなになってたんですね。

          ヒノキ

          0


            作業中畝間をのぞいてみると草のようなものが生えている。
            よく見てみると小さな小さな”ヒノキ”が立っていました..。
            ここは山の頂点で周りには杉、ヒノキが群生しています。そこから花粉が舞って生えたのか、葉が落ちて根が生えたのか分かりませんがたくさん生えていました。

            PF計

            0


              今年から導入したPF計。土壌水分を数字で示します。ここ何年かこの時期の干ばつ傾向が強く、前から探していたけどなかなか良いものが見つからずやっと見つけた一品。こういうものは需要が少ないので探しても値段が高い。
              早速ある茶園で乾燥を示す赤いゾーンを示していました。茶園をみてもぐったりした葉があったりと、要注意です。
              今年は雨が多くほかの茶園ではずっと過湿気味が続いている状況で、乾燥しているのはこの茶園だけでした。

              ちなみに先日開かれた金谷茶品評会で去年に続き深蒸し煎茶の部で一位となりました。

              堆肥散布

              0


                今日は堆肥散布。細かい形状なのでチップとはうってかわって仕事がはかどります。これから土と混ぜたいけどどうやろうか思案中。撒くことより土と混ぜるこれからが大事でうまくやるには難しい。

                敷チップ

                0



                  堆肥散布機で敷チップ(枝条チップを敷くこと。敷き草と言いたいとこですが、草ではないし木でもないので)です。
                  もう敷き草は使っちゃったので無いし、雑草だらけになるのも耐えられないので土がむき出しの畝間へ土が隠れるように枝条チップを敷き詰めます。これにはいろいろな効果があって、雑草防止、日差しや雨からの保護、細菌類の保護・えさ、水分の蒸散防止、有機物として等々数えきれないくらいです。
                  土というのは本来、雨風、太陽にさらしてはいけないそうです(太陽にさらしておくと土は固くなり茶の木の生育上もよくありません)。だから草が生え木が育つのであって、茶の木が育つまでは自然との戦いです。

                  若嫁

                  0


                    きょうから2番茶、べにふうき園からのスタート。
                    これから先のことを考えて若嫁(?)にも摘採機を扱わせてみました。「やってみる?」とたずねると意外にもやる気ある返事。ゆっくりと慎重に左右にふらふら。よく考えたら車の運転も怪しい上、機械ものにはとことん弱いときた。こりゃ安心して見てられるようになるまでだいぶ時間が必要ですな。

                    台切り中盤

                    0


                      そろそろ2番茶が始まりそうだというのに、台切りはまだ中盤。真ん中に見える親父たちはのんびりやってます。
                      ここは4反5瀬、ちょうどサッカーコートと同じくらいの面積。縦横無尽に歩き回ってます。もちろん条件は違いますけど。
                      結局ここの台切りが終わったのが20日頃。みんな、機械も、茶の樹も「おつかれちゃーん」。


                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << June 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM