台風

0


    これまた災害なんですが、今年植えた苗が季節外れで何度も来る台風のために、風で揺すられてこのように倒れてしまいました。
    中には根だけ残って枝から上が飛ばされてしまった苗木もありかなりの突風にさらされたようです。
    これから風の強くなる冬に向けて、根が揺すられないように網を被せて風対策をします。

    あいつ

    0


      巷でうわさのあいつが現れました。
      あいつはミミズなどを食べるために土を掘り返してゆくようです。まるでユンボで掘ったかのように・・・。
      そのあいつとはいのししなんですが、全国的に食べ物がなく普段来ないようなところまでおりて来るようです。

      湯気

      0


        写真だけ見ると、何か起こったの?と言われそうですが実はたい肥を発酵させるときに出る湯気なんです。
        ある場所にたい肥の原料をストックさせて、発酵させています。発酵といってもただ寝かせるだけなんですが、何ヶ月かそうしておくと真っ黒なたい肥ができあがります。時間ができたときに混ぜて空気を入れてあげるとさらに発酵が進みます。
        原料は糞ではないのですが、熟すとけっこういい香りがします・・。

        お茶の花

        0


          この時期になると、ちらほらとお茶の花が咲く畑がでてきます。
          以前はお茶の花が咲く畑は良くない畑といわれたらしいですが、特にそんなことはないように思います。
          花は茶の木がダメージを受けたときに子孫を残そうとして咲くそうですが、今年に限っては夏に干ばつの影響もありましたので、現在は花が咲いている畑は珍しくありません。

          べにふうき

          0


            国立試験場にてべにふうきの研究の第一人者である山本さんと試験揉みをしました。
            どうやら今年はべにふうきの生育が良くなかったらしく、試験のための生葉が少ないみたいです。
            このお茶を分析して成分などの研究材料にするようです。

            秋番茶

            0


              9/20より秋冷、秋番茶が始まりました。
              成木園は全体に伸びがよく収量はよかったのですが、幼木園はどうも干ばつの影響をうけたのかいまいちでした。
              秋番は量にして4/1〜5/1くらいの棒を選別機により取ります。一日機械を回すと15袋くらいの棒がでるので茶園に敷き草代わりとして撒きます。

              裾刈り

              0


                畝間の裾刈り。芽が伸びると人も歩けないほどに畝間が密集してきますので年に二回裾を刈り落とします。この裾刈りには敷地の境という難しい問題を含んでいて、自分の敷地を刈り過ぎるとだんだんと占領されてしまいます。いつも悩みながら落としています。
                この後、深耕(30cmほど下まで土を起こすこと。根を切ってしまう反面、土を下層まで混ぜることができ、また柔らかくする)をしました。

                整枝

                0


                  台切り(中切り)更新した茶園です。更新後は上へ上へ伸びようとするのですが芽数を増やしたいので整枝します。だいたい更新時より5cm上を摘み取っていきます。
                  整枝した芽は今年のドリンク需要のため共同工場へ持って行きました(台切り園自体が少ない上量もほとんどありませんので自工場で揉むほど量がないのです)。
                  ちなみに、今のこの暑さのなかで作業するのはかなりキツイです。

                  二番茶

                  0


                    二番茶が6/9から始まりました。I地点です。
                    二番茶の芽は一番茶と比べて違うのがわかりますか?一番茶のほうが葉が上向きで上に伸びてる感じです。
                    今の時期雨が降っても、裾切りだの台切り、除草と作業に追われて忙しい日々です。

                    台切り更新

                    0


                      台切り更新をしました。(専門的には中切り更新ということらしいですがあまり聞いたことがありません)
                      一年に刈り面が5cm程度上に上がり、だいたい5年ほどで更新をしなければなりません。ここまで下げるには4〜5回行ったり来たりして大変な作業です。ちなみに更新した次の一茶は量が少なく良いお茶が採れます。


                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << December 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM