秋冷茶

0


    9/20より秋冷茶が始まりました。
    秋冷茶は3番茶を採らずに伸びた芽の良いところだけを摘み取ったものです。最近は結構人気があるようです。
    だけどこの時期、雨の合間を見計らって刈るのが大変です。

    摘み取り

    0


      4/10.17.21写真の場所を摘み取りました。
      05/03にはちょっと”みるい”感じだったのですが、あたたかい気温と天気によりかなり伸びていました。(茶園は数箇所に点在しているので、どの場所を摘むか見極めが難しい)
      ちょうど芽が開きだしてから1ヶ月程でした。

      八十八夜

      0


        今年は5/2が八十八夜(昔から八十八夜頃のお茶が一番おいしいと言われています)。今お茶の町金谷はお茶の最盛期。
        ということで今日はレールでお茶刈り。レールで刈ったお茶は近頃評価も良く(手摘みの次くらい)とてもきれいに刈ることができます。もちろん品評会用のお茶はレールです。

        そろそろ

        0


          まわりの景色の色が青く(緑)変わってきました。
          そろそろ新茶の準備に入ります。
          工場では大掃除、茶園ではゴミ払い。
          あと数日で品評会へ出すお茶や手摘みのお茶が始まります。

          2〜3葉

          0


            もうだいぶ伸びてきました。
            だいたい2〜3葉。

            新芽のチェック

            0


              今日は肥料を撒くついでに新芽のチェック。
              今年は種粕、配合、化成という三種類肥料を撒きました。
              芽の伸び具合は1葉。

              ならし

              0


                新芽が出る前に刃の当たる面をならします。
                これで古い葉や茎が新茶に混ざらないようになります。

                0


                  茶の木の間に藁(主に稲、ススキ、笹)を敷きつめます。
                  日光が当たると雑草が生えてしまうので藁で土を隠します。また、藁は有機物なので時間が経つと腐って良い成分にもなります。

                  1

                  calendar

                  S M T W T F S
                       12
                  3456789
                  10111213141516
                  17181920212223
                  24252627282930
                  31      
                  << December 2017 >>

                  selected entries

                  categories

                  archives

                  recommend

                  links

                  profile

                  search this site.

                  others

                  mobile

                  qrcode

                  powered

                  無料ブログ作成サービス JUGEM