萎凋

0
    井村園の紅茶の工程は萎凋→揉捻→発酵→乾燥(再乾→棚乾)となります
    紅茶のなかで一番重要とされるのがこの萎凋工程。
    萎凋とは簡単に言うと”葉内の水分を蒸発させる作業”です
    目標は40%の重量減といいます。40%の水分を均一に蒸発させるのはなかなか大変で今の萎凋方法がうまくいくまでに何年も費やしました。
    気温や湿度によって変わりますがだいたい20時間ほど萎凋させます。萎凋中は茶葉を途中で攪拌をしていきます。
    この萎凋こそ茶師の肝で萎凋方法やその時間でいろいろな香りの紅茶ができるんですね。桃を思わせる果実のような香りもこの萎凋工程によるものと思っています。



    摘採直後
    葉は黄緑色でパリッとしています


    6時間後
    葉はだんだんとしなやかになり花のような香りが広がってきます


    21時間後(2016/7月 プレミアム・Contest出品茶)
    ウンカに吸われた部位や葉の隅のほうから赤くなってやや発酵が始まっています

    ウンカ芽

    0
      最近受賞茶についてお問い合わせを受けることがありましたので製造工程の流れに沿って説明したいと思います。



      べにふうきの茶園(oigawa)7月
      この茶園は2006年定植から化学肥料を施肥しない圃場として栽培してきました。
      2014年頃からこの茶園の紅茶は香りが違うことに気づきべにふうき紅茶プレミアムの専用園となっています。
      5月に1番茶を採った後7月に2茶摘採するときにはウンカが発生してきます。ウンカに吸われた芽、葉は加害ストレスによって香気成分を発します。この香気成分が人にとって良い香りに感じると言われます。ただ、ウンカが大量に発生するほど香気は良くなりますが、生長が止まり収量は激減します。
      このウンカ芽を使う事によって香気にも影響しますが口に含んだあとの余韻が全く違うのです。口に含むとムスクのような余韻が立ち上がってきます。


      ウンカ ※通称(正式名 チャノミドリヒメヨコバイ)

      プレミアムティー・コンテスト

      0

        先日うれしい一報が届きました。
        プレミアムティー・コンテスト チャンピオンティー
        シングルオリジンティーフェスティバルで初めて行われたコンテストで一番になりました。

        この紅茶は10月のティーフェスにて60ヶ限定で販売されます。
        熟した果実のような香りと後味の余韻が特徴です。
        プレミアムティー・コンテスト



        そしてまた昨日もうれしい一報が。
        日本茶AWARDの発酵茶・後発酵茶の部でプラチナ賞。今年は全391点中プラチナ賞は20点。
        12月TOKYO TEA PARTYで一般投票で日本茶大賞が決まります。
        日本茶AWARD審査結果/

        ティーフェス2016

        0



          今年も10月8日(土)ティーフェスに出店します。
          静岡県中山間100銘茶協議会のブース中にいます。

          他にも国産の良い発酵茶を作られる方がいるので試飲も楽しみだったりします。

          詳細はこちら作り手と飲み手をつなぐ シングルオリジンティー・フェスティバル 2016

          花の香紅茶

          0

            このたび浜松市のBees'Talkさんを通じてべにふうきを使った商品、花の香紅茶が販売されることになりました。
            皆様の近くで見つけることができるかもしれません。

            ティーフェス

            0

              シングルオリジンティーフェスティバルに出店しました。
              べにふうき紅茶プレミアムをテイスティングラリーで試飲していただきました。とても好評で持ち込みした分が完売してしまい、大変申し訳ございませんでした。
              また紅茶好きなお客さまの「いい香ですね」とか「おいしいです」といったあたたかいお言葉がありがたかったです。

              来年もフェスがありましたらぜひ参加させていただきたいとおもいます。今年以上の紅茶を持ってm(__)m

              紅茶の品評会

              0

                先日行われた静岡県茶品評会プレ大会の結果がきました。
                初めてでしょうか、国産紅茶の品評会というのは。
                プレ大会というだけあってこういう紅茶が良いとかそのような情報は全く分からず…
                来年もあるのか決まってないということです。(発酵茶の技術向上のため是非続けていただきたい)
                当園でも3種類ださせていただきました。
                結果、荒茶・紅茶の部【世界】金賞(べにふうき紅茶プレミアム)
                と荒茶・紅茶の部【和製】銀賞(菊川紅茶やぶきた)をいただきました。
                3品ともに香気は最高得点だったので紅茶の一番重要なところで評価され良かったと思います。

                今年はほかにも緑茶で
                島田市茶品評会深蒸し煎茶の部 優等
                全国茶品評会 深蒸し煎茶の部 3等入賞
                関東ブロック茶の品評会 銅賞入賞
                静岡県茶品評会 3等入賞
                等の賞をいただきました。
                これからもさらに上の賞を目指して進んでいきたいと思います。

                コロンブスの台所

                0

                  先日BSニッテレのコロンブスの台所という番組の取材がありました。
                  6/6夜9時から放送されます。お茶について何週かに渡って放送されるようですのでいつどのように映るかわかりませんがお楽しみに。

                  摘採2日目

                  0


                    毎回のことですが一番茶の始めの頃の摘採は緊張します。
                    刈り位置を合わせるのに機械を何度も降りたり乗ったり…。

                    摘採

                    0

                      芽の生育も順調で今日から摘採開始です。



                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << March 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM